テーマ:世知辛い話

シャルリー・エブド襲撃事件の雑感。

フランスの新聞社シャルリー・エブドが襲撃され、 パリでは160万人規模のデモが行われたり、 SNS、例えばわたしのツイッターでは30%ほどが関連ツイートで、 メディアの関心も高く、世界中に波紋が広がっている。 リツイートなんかはしているが、 わたしはどうも積極的にこの件について投稿できない。 理由のひとつは、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりに食事制限してみた。

ひっさしぶりに佐藤さんとの往復書簡を更新しようと思ったら、 ログインエラーが出て、 詳しい方に調査をお願いして連絡待ちなので ふっとこちらにも。 いや、抱えているものもあるんだけど、 人間「やらなあかんことばかり」では 生きられへんちゅうことですわ。 さておき、漢方は切れたままでまだ補充に行けてない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じぇじぇじぇっ。

HNK連続テレビ小説『あまちゃん』に毎朝にんまりきているあおやまです。 突然ですが、一昨日、左の掌をざっくり切りました。 ゴミをまとめようと袋をぎゅうぎゅう押したら、鋭い痛みが一瞬走り、血が噴き出していました。 それで、思わず、じぇじぇじぇっっと叫んだのであります。 血がすごかった…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ご報告。

どえらく更新が空いていますが、 友人の佐藤さんと、ときどきここでも書いてます。 http://sentinel-project.com/shokan/ どぞよろしくお願いいたします。 あわわ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年。

うっかりしていたらもう2013年。 こんなふうに呑気に年を越せることが 幸せなんだろうなあとしみじみ…とはしていなくて やっぱり当たり前のようにお正月を迎えてしまいました。 でも、ちょっとだけ、いつまでも家族が 健康で普通に暮らたらいいなと実感しています。 皆さんも良いお正月をお迎えでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

御礼。

唐突に再開して、 でもまた錯綜したこのブログ。 ふっと思い出して立ち寄ってくださった方も多くて 嬉しかったです。 ありがとうございました。 来年もどうぞよろしくお願いいたします。 どうぞ良いお年をお迎えください。 2012年もあとわずか。 感謝の気持ちを込めて。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結局はひとりで生きていくしかない。という覚悟について。

いろんなことを考えたこの1週間。 たとえばたくさんの家族に囲まれていても、ひとりで暮らしていたとしても、結局は人はひとりで生きていくしかない。 そのためには、ひとりじゃないと思えるときも必要なんだけど。 いつだってひとりで生きられる覚悟や準備が必要なんだな。と気づくのが遅かった気がするけど、いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4~6日目。尻餅怖い。

4日目。 後輩の結婚式。 教会がもじどおり祝福に満ちた心温まる時間でした。 5日目。 午前中はゲラ校正。 午後から父とこ母とこ。 で、この日は雨が降ってたのだが、雨靴履かずに歩いてたら、実家のマンション階下にあるコンクリの坂道で滑って転んで尻餅ついてしまった。 痛さのあまり、漫画みたいに目の前に☆が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2日目。

今日が今回のミッションのいわばXデーになるのですが、無事にもろもろ終わって、ちょとほっとしました。 しかし、なかなかどどんとくるものもあり、ぬさもとりあえずたむけやま。 いや、疲れてるのか、意味がよくわかりませんが、とりあえず備忘録として更新。 昼前に電車とタクシーを乗り継いで実家に寄って、頼ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1日目追記。

まだ働き盛りと言われるような56歳という年齢で、半身麻痺の後遺症が残り、妻を主婦から介護者に変えた自分のもどかしいどうにもならない体に感じる悔しさを、娘として、近しい人間として、その悔しさはとうてい分かるものではないのだということを、18年の間、今日ほど強く感じた日はなかった。 そう、ちゃんと計算したら18年。そんなことも把握…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1日目。

朝から入院手続きの付き添い。 幸い個室が取れて、眺望が良いと笑顔を見せている母。 初の病院食を美味しいと食べるのを見てから、父の高齢者専門の介護付き病院へ。 なんだろう、まるで違う空気と色彩。 回復へと一丸となって取り組むぞーおー! という意気込みがそこかしこに散りばめられている母の病院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暗い芽。

予定より少し前倒しに(珍しい!)、今週書かなきゃいけなかった原稿を脱稿。今日中に校正してしまえば、明日からは急ぎの仕事に追われることがない。ひとまず脱稿できたことになによりも安堵。 あとは、鼻水とくさみ連発の体調を、なんとか軌道に乗せて明日以降はすっきりしたいんだけど、こればかりはなんともというわけで、全身を温かくして、薬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なりゆき。

風邪というなの電車に乗ってはや1週間弱。 今年の風邪はしつこいと聞いていたけど、ほんとに。ひきはじめがスローなブギ過ぎて、これはもしや風邪ではないのでは、と気が緩んだところに「おかんとセキと時々くさみ」というノリで襲ってきた。 みんなしつこい、といっていたけど、どちらかといえば「粘り強い」ウイルスなん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

取り扱いの感覚。

卵を扱うのは難しい。 産まれたばかりの鶏卵には血や羽などがへばりついていて、その生々しさを消費者に届けるまでに拭わなくてはいけない。 力を入れすぎると殻は驚くほど簡単に割れてしまうし、撫でるようでは動物の気配は取れてはくれない。 力加減が重要なのだ。その感覚は、教えられなくても分かる人もいれば、何度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

取り戻したい言葉。

大切な人のひとりである平川克美さんは、著書にもあるが、ご家族を立て続けに看取るという経験をされた。 「看取る」という言葉には、看病をするという生前の時間から、死に水を取る行為まで含まれていて、平川さんはその前者の経験を丁寧に言葉に紡いでおられる。 それがこの1冊になっています。 『俺に似たひと』(医…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父は「老人」なのか。

朝から家族のあちこちから電話が鳴りまくる。 来週後半から2週間ほどの入院が決まった母についてはひとまず、という感じで、実家にひとり残される父をどうするかの方が母の手術よりも迷う案件となっている。 基本的には娘であるわたしが実家に通うことになっていたが、父は完全介護というか、生活に補助が必要なので、日中はなんとかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追記・訂正。

開腹手術ではなく、カテーテルになりました。 って、カテーテルがどんなものなのか、今から学習するのですが。 はい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

適応。

今朝ほど父から電話があり、病院で検査結果を聞いた母からの報告、の報告であった。 つまり選択肢はなくなり、開腹手術をすることになった。 という以外は詳細が分からず、母が帰宅してからもろもろ聞きますと答えて電話を切った数十分後には手術の日取りを告げる着信がまた父から入ったが、それ以外はまた要領を得ない。 と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選択肢が多くても少なくても、人はしんどい。

気になる影について、2月までやっぱりそのまま放っておくのはどうも…。 という電話が、病院の先生からわざわざあったのだそうだ。 母はC型肝炎ウィルスのキャリアで、それが分かったのはもう15年以上前のことだろうか。献血後に連絡があり、そのことが発覚したのだとしばらくしてから聞かされた。 「私は血も誰の役にも立た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「街づくり」時代の終焉。

一昨日くらいだったか、ツイッターを眺めていると、こんなニュースがタイムラインに出現しました。 【大河ドラマ「画面が汚い」 井戸知事が苦言】 神戸新聞  兵庫県の井戸敏三知事は10日の定例会見で、NHK大河ドラマ「平清盛」の初回視聴率が関東地区で17・3%と過去3番目に低かったことを受け「画面が汚い。あんな鮮やかさのない画…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

仕事始め。

ややフライング気味に昨日もぼちぼちメールや原稿にかかっていましたが、正式には本日が仕事始めです。 正式には、って言ってもわたしはフリーランスなので、自分が決めただけなのですが(笑)。 チーム仕事をしている140Bは、こちらは正式な仕事始めで、今日は会議もあるのでそれに準じています。 さて、早速、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

読めない漢字だからこそ、どんどん読みたいな。

元旦の朝日新聞で、新潮社の新年挨拶があり、「日本人よ、勇気を持ちましょう」と題したドナルド・キーンによるメッセージでした。 ばくっと説明すると、川端康成がノーベル文学賞を受賞したとき、多くの日本人が、川端作品はあまりに日本的過ぎて西洋人には理解できないのに「お情け」で評価されたのではないかと言った。それと同じような「日本人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年。

明けましたね、おめでとうございます! 何もおめでたいことなんてない、という方もいるかもしれませんが、良いことなくても何がなんでも「新しい一年のはじまり」に強引に初期化されるというのは、とりあえず「もう一回やり直してみるか」という言い訳になる気がします。 もちろん、人生のお荷物や抱え込んだ手荷物なんかは、新年ゲ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

貧困ってなんだ?難民ってだれだ?

引き続き、イギリス方面が気になって、やや仕事のペースが落ちかけて…いる場合じゃなくて、ちょと焦りながらごりごり書いていたので、また休憩にやってきました。 ロンドンから地方へと暴動は飛び火しているようですが、いまだ、その動きを推し進めるものがこれだ!という原因解明にはいたっていない様子です。 日本のテレビニュー…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ロンドン騒乱。

今朝も絶賛校正待ち中なのですが、朝からツイッターのタイムラインに流れてきた、ロンドンでの騒乱にどどーんと動揺していました。 しかも、三日も前からの異変だったなんて、まるで知らなかったです…。   橋本麻里さんのツイートで知ったのですが、詳細は@nofrillsさんのブログがきっかけや、一連の流れの背景などがわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改装の報告のおまけ。

4月下旬に改装したうちんちのリビングと台所。 いろんな意味で快適で、すっかり慣れてきて、いろんな人にありがとうという気持ちを片付いてからご報告しようと思っているままにもう8月でしょ。 なのに、改装した横の部屋に山積んだ一部の荷物がまだ放置プレイって、 えええ!化石目指してますか! 自分に我に返って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葉月つれづれ。

あ、という間に今年も8月をむかえています。 ようこそ、葉月。 今月は今年に入って3度目の原稿長距離ランナーとなる予定ですが、それが一段落する頃には、また秋から始まる半年仕事に移行することになります。 という下半期の流れを頭のなかで描きつつ、上半期に何をしていたかと思い出している…暇なんてないのですが、こうい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【メモ】なんでも埋めちゃう。高レベル放射性廃棄物も埋めちゃう。

ご無沙汰してます。 何人かのお友達がのぞいてくれてること聞いてます。 皆さん、お元気でしょうか。 えっと、高くそびえていた山をひとつ登頂したので、ちょっと一息つきにきました。 校正などがあるので、下山が今から控えている&新しい山を登るためのトレーニングを開始したという本日です。 連載…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駆け込み訴え。

驚くほど、はたからそうとは見えないそうですが、自分的には今世紀最大にてんぱっています。 口を押さえておかないと、無意識に「あーーーー」などと叫んでしまいそうな日々であります。 そんな訳で、食べ物をむしゃくしゃかっくらっても、慌てて口をつむいでいたせいか、どうやら歯に虫を育ててしまっているようです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

真面目であること。

人に「ええ話」と言われる話は、たいていどこがいい話なのかわからないのです。 でも、もし分かって書いてしまっていたら、話は良くても、書いてるあたしはイヤなヤツのような気がします。 狙って書くことはどうかと思うけど、意図して書くのはありかもしれません。 でも、その両者の違いは書き手には明確ですが、読…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more