テーマ:食べる

神戸元町別館牡丹園の旨い自慢で年の瀬ご挨拶。

昨夜は仲良しドクターが遊びに来てくれたので、鍋宴会から、河内音頭で泣く会となり、最後はマラカス演奏隊で夜は更けて…今朝は揃って二日酔い。今年を象徴するような大晦日であります。 あ、伊佐美、がんがんいきました(あの方に、多謝)。 ポルノのまま放置年越して訳にはとはっとなり、美味しい画像で年越しの挨拶とかえさせていただき…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大阪屋台ほんまもんレポート2連発。

1発目: 昨日コメントくださった「空堀らいふ」さんのご機嫌レポート。 http://gartia.exblog.jp/11790466/ 2発目: 大迫特派員による、めっちゃ旨そうな彦麿呂(うそ)グルメレポート。 http://www.140b.jp/blog/2009/12/post_521.html …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

3ツ星料理店に行きたいあたしのパラドクス。

料理は理論である。というのはわかるけど、温度計突き刺した鰆とか、低気圧の圧力器なんかで緻密に調理される、とある3ツ星フレンチの厨房光景を目にしても食欲がわかなかった。 見なかったらもしかして行きたかったかも。 意味不明の感動とは、誰もが予想できないところに生まれる。 たまに生っぽい肉が出る行きつけの鉄板焼き…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「大阪屋台ほんまもん」の旨いアテ、旨い酒、旨いひと。

えー、閉店間際に連日駆け込みダッシュして、 夜食をいただいている「大阪屋台ほんまもん」会場。 オオサコくんが写真を撮って140Bブログにアップしているので、 横からふんだくって流用掲載。 「エルポニエンテ」のぐつぐつモツ煮込み。 北新地「仔牛」の分厚いぷりこりな牛タンの炭焼き。 大阪の地酒を熱燗で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大阪マルシェほんまもん屋台@光のルネッサンス「大阪市役所前」。

携帯写メで御免。 しかも人が多くて真っ黒(ひぃ)。 土曜日からはじまった 大阪マルシェほんまもん屋台。 http://naago.kir.jp/osaka_marche/pg57.html 場所は、光のルネッサンス会場の「大阪市役所前」。 (いつものマルシェもやってるとこ) …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

肥秋。

昨夜は船大工通の黒門さかえ →堂島上通と新地本通の間のエルミタージュ →船大工通のyodare →堂島上通のデグラセ →命からがらタクで帰宅 …長い旅でありました。 宿敵ハシヤ氏とタッグを組んで、 上海帰りの入道を迎え撃ちした北新地。 もちろん今朝は変死体。 黒門さかえは相変わらず美味しくて …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大阪マルシェ「ほんまもん」今日と明日は元気に朝市やってまーす。

秋晴れの今朝。 皆さま休日の気持ちの良い朝を お迎えのこととぞんじますー。 相方も張り切って出掛けてゆきましたが、 今日は中之島公園にて 大阪マルシェ「ほんまもん」の 中ノ島朝市が開かれています! マダム松澤さんも昨日のマルシェ戦利品を ブログでご紹介くださっていましたが、 いやマジで野菜はかなり美味し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大阪マルシェ「ほんまもん」戦利品日記(1)。

というわけで、 今日の戦利品であります。 右は、かの弓削牧場のフロマージュ(喜)。 明日のブランチ用であります! 左は南あわじ市津井でつくられた 完全無農薬無化学肥料で栽培されたお米。 もちろん新米。 「田んぼに海水を少々流し込み、 海のミネラルを加えておいしく仕上げました」 とラベルに書かれて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

で、大阪マルシェ・ド・テロワール。今日はブリーゼブリーゼにて開催!

しかし、ほんまに毎日イベントというか なんかしら関連案件があり、 あたしは外野なので呑気なもんだけど、 140Bの社長以下、 超多忙な日々であります。 で、今日は、もう今の時間はプレス記者会見やってて、 マダム松澤さんもアラン・デュカス氏にインタビューしてはると思いますが、 大阪マルシェ・ド・テロワール、大阪マルシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今度は自分で買うかも!ないただき物。

ある方が、この方のブログを見たのがきっかけで お取り寄せしたのを送ってくださった塩クッキー。 イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ、であります。 あたしのしょぼい感想ではなんなので、 やっぱり原点回帰でhttp://madam.reallabo.com/e5171.htmlを ご覧になってくださいませ。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

目まいのするきたしんち。

探し物は何ですかを唄いながら 会社帰りにジュンク堂。 探し物を忘れ物して 手にしていたのは武田泰淳。 最近の通勤読書は もっぱら百合子さん何色の富士山だからであります。 (読んでいなかったことを後悔する傑作で 遅れてきた百合子ファン宣言) というのは、山積みの借りパチ文庫をはく、 という…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

淡路島・其の参ーご機嫌な磯の雲丹拾い編。

美味しいお米のご飯を お漬けものや鮭やらしびれる若布の味噌汁などで お代わりした大和屋旅館の朝ご飯。 もぐもぐいただいてる間に お宿の勝手口らしきあたりの呼び鈴が何度もなり、 今日は蛸がたくさん釣れたからと クーラーボックスを持ち込むご近所さんらしき方など いろんな方が出入りしていて会話が耳に入る。 テレビは消え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路島・其の弐ー衝撃の連続だった島の夜編。

仕事を終えて駆けつけてくれた島の兄さんこと ロケンロールな精神科医の青山シンスケと合流し、 彼のアウディで食いしん坊三人衆は志筑の「春夏秋冬 いし井」さんへ。 (2軒目のはしご時には代行どす) 驚愕な夜でありました…。 もちろんのこと カメラを出すという行為を一瞬も思い出させない 出てきた瞬間に箸出す料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路島の小くて濃厚な旅。其の一。

かねてより楽しみにしていた淡路島の小さな旅。 明確な目的がいくつかあり、 濃厚な一泊二日だった。 旅のお供をさせていただいたのは西宮の姉さん。 姉さんとは上海でもご一緒させてもらったけど、 ワガママで気ままなあたしが唯一ずっと一緒に居ても 一瞬も「ひとりになりたい」とか思うことなく、 全ての楽しさや美味しさ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ナダルがいなくても、南里商店でありますっ。

またやってきた夜更かしのこの季節。 ウィンブルドンでありますっ。 センターコートの野獣プリンスであるナダルが欠場という あたしには「さいあくっ!」な結果からの序盤戦、 単純に判官不贔屓というだけの性格で フェデラーを苦々しくさえ感じておったのですが… やっぱすげーよあんた(うぅ)。 とい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「味を受け継ぐ」ということ@神戸元町別館牡丹園。

昨夜の「魔法のレストラン」に、 神戸元町別館牡丹園さんが登場。 人生初のタイマー予約に成功し、 無事、時間差で拝見した。 前から思ってたけど… ええ店や…。 泣けた。 企画テーマとしては、 2代目の王泰康さんから3代目となる文良さんへと お店が厨房がどう継承されるのか、というところだったんだ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

北九州市のお土産。

先だっての小倉~門司港の旅原稿を書こうとしてて、 思い出したのでお知らせでありまーす。 今回は自分へのお土産には 旦過市場(たんがいちば)で空豆と里芋を購入。 そんなんどこでも買えるやん! なんだけど、その前夜の「小山」でいただいたものが あまりに美味しくて我慢できなんだ。 里芋は市場の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほぼ松澤さんへの私信めいた、ル・コントワール・ブノワの報告。ちなみに2回目に書いたヤツ(がっくし)。

き、き、消えた…。 ほぼ20分ほど熱中して書いた 松澤さんへのル・コントワール・ブノワの報告。 最後にタイトルを打ち込んでいる途中で… Macブックの電池切れで暗闇になり消えました。 あたしのMacブックは、 気分次第で「予備電力で動いてるけどもうすぐ切れるでー」という 報告をしたり…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

門司港&小倉の感激の旅。ほんのちょっとだけ取り急ぎ報告。

マスク大国を脱出し、 のぞみでビューンと行って参りました北九州は 小倉&門司港の旅取材。 良かった…(しみじみ)。 今後、あたしは博多に辿りつくことができるのだろうか… と途中下車を予感させるええ街だった。 小倉駅直結の便利な場所にある リーガロイヤルホテル小倉も、中之島と同様に ゆったりとシック…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

レミゼ3人会な神戸元町の夜。

衝撃的なトラブルなど起こり肝を冷やしつつも、 別件撮影で美味しいデザートなどもいただきつつ、 過ぎていった先週末の最後は、 マダムまつざわさんとドクターayaさんとのレミゼ会。 (テニミュ帰りの女部長とはタイミングあわず残念無念) といっても、あたしはミュージカルの「レ・ミゼラブル」未体験者で 先だってTSUTA…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ご機嫌会食の御礼と、ムーンライトのピザ連打。

全然書いてなかったけれど、 先週の王家の宴はとびきり心にも胃袋にもしみる一夜で ささくれだっていたあたしの心が見事に完全復帰する時間だった。 王さん、奥さん、マキちゃんには 最敬礼とともに妄想ハグ。 日程調整からもろもろご手配くださった マダム松澤さんはじめ、ヒラオくん、ハシヤ氏、デカ長にも感謝。 みんなの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

節分の嬉しいお届もの。

空腹のあまり 仕事を放り投げて帰宅しようと思った ちょうどそんなとき、 ダイビルご近所さんのデザイン会社アレックスの お洒落番長・ユキさんから差し入れ。 なんと魚伊さんの恵方巻き。 ぎゃぼー。 居残り組の中島社長と二人で 喜びのダンスを踊りくるったであります。 鰻がたっぷりでふわふわとろとろ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ひぃひぃ小走り中の、メモ走り書き。

◎1月22日(金) 今週、三日目の岡田山は快晴。 黒猫クロも校舎の出入り口のど真ん中で毛繕い。 黒猫は写真に撮ってもどこがなにかわからないのね。 夜は、この方とこの方に新年会に乱入。 遅がけの飛び込みだったので ワインでご機嫌さんだったお二人に混ぜていただき、 ハジメマシテとは思えぬご機嫌であわわな夜。 (ち…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2008年神戸元町別館牡丹園忘年会。

例年、あたしは忘年会というものにほとんど参加しない。 忘年会と称して飲む必要がないからだ。 あたしが飲みたいときに、飲む。 それ以上、理由なんてあるかいな。 そんな風に12月の酒場でひゅるり~と過ごしていた。 ま、ときどき人から言われるほど 「12月は付き合いで大変でしょ?」 なんてこと、ほ…
トラックバック:1
コメント:13

続きを読むread more

たまたまの先にあった、たまたまな祝いの夜。

心友であり戦友の青山シンスケの お祝いの会。 エキゾチック美女のミセス女医にもご挨拶して なんだかちょっと不思議な気分になる。 兄弟の嫁みたいな感じに近い。 青山シンスケと初めてあったのは、 もう5年ほど前(たぶん)になるとある夜。 田口ランディさんと内田樹先生の対談に、 彼がたまたま田口ラン…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

へっぽこデジカメの真相。

土曜日の撮影ディも、 麗しの姉さんのご機嫌取材と ハリー中西御大の激写で順調に終了。 「ザ・ロイヤル」の次号(12月20日より配布)の 「おもたせ図鑑」は黒毛和牛のローストビーフなんだけど、 あたしは知らなかったことを激しく後悔する一品。 この「おもたせ図鑑」は 麗しの姉さんこと松澤壱子さんが お好きなメ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おいしんぼな小バナシ。

ばたばたの合間に、美味しんぼ更新。 そういえば、誰かが「美味しんぼ」のことを 思い出そうとして、 ほら、ほら…あの究極のメニュー探すヤツ… あ、 くいしんぼ! と言いまつがえたことがあったけど、 いやしんぼ! でもありますな。 さておき、ちょっと前の二…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

麗しの姉さんによる「松茸祭@王家の晩餐」レポ。

朝から岡田山を上り、 日が傾くまで神戸女学院でみっちり撮影。 最高の秋晴れ。 それにしても通う度にラブ度が深まる大学なのであった。 それもそうだけど、 カメラの平野愛さんさすがですわ(感激)、 マツカワ&オグラ乙女男子二人組も 楽しすぎで頼もしすぎっす… と岡田山を下りた足で鯉川筋をえっちらおっちら上がり帰宅する…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ル・コントワール・ブノワの予約もできるHP。

ハシヤ氏とも「なんでないかなあー」と話していたけど、 ようやく発見しました。 空席状況も確認できる予約ページもありました(喜)。 「ル・コントワール・ブノワ」オフィシャルサイト↓ http://www.comptoirbenoit-osaka.com/ エスカルゴさんたちが美味しそうです(ラブ)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more