母のこと、父のこと。

めっきりご無沙汰していたこちらのブログ。


橘さんのこともあり、久しぶりに立ち寄ってみたのだが、母の闘病のことなど、過去ログに目を通すと、自分ではまったく忘れていた当時の状況、感情、迷いなどが生々しくそこに残っていた。


まるで他人の話を読むような気持ちだが、共感することが多い。自分が書いたものなのだから当たり前なんだけど、やっぱり不思議な気もする。


たった今のわたしの言葉がまた数年後のわたしに響くこともあるかもしれない。


ぽつぽつ書いて行こうと思います。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック